関ジャニ∞と歳をとる。

関ジャニ∞とジャニーズWESTが好きですが、関ジュの沼に頭の先まで埋まってます。

バーチャルジャニーズ「あすかな」を考える。

 

2019/2/19から突如始まった「バーチャルジャニーズプロジェクト」

動画生配信サイトのSHOWROOM内で、バーチャルアイドルとして毎日配信を行う、ということを初めて聞いたとき、すぐ理解できたジャニオタは一人としていなかったと思います。

つい最近まで、郵便振込でコンサートを申し込んで、電話で当落聞いてた事務所から!?最先端の!?バーチャルアイドル!?!?

ってなりました。

 

その第一弾として起用されたのが、なにわ男子の藤原丈一郎くんと大橋和也くん。

私が今一番メロメロなお二人です。

 

配信初日、視聴者は一時90000人を超える大盛況。

開始後100日を超えた現在でも、常時10000〜15000人は見に来ているので、大成功進行中なのでは…!?と思っています。

 

海堂飛鳥(CV:藤原丈一郎):飛鳥くん

苺谷星空(CV:大橋和也):いちごちゃん、星空くん

 

普通の高校に通いながらアイドルを目指す二人。通称「あすかな」

21:30〜22:00、22:15〜22:45、30分配信を一人ずつ、ほぼ毎日やってます。

(※この記事を書いた当時です。最近はラジオ形式で声だけの二人配信なども含め、他のお仕事との兼ね合いでお休みの日もあります。配信日はツイッターをチェック!)

 

飛鳥くんの配信ではいちごちゃん、いちごちゃんの配信では飛鳥くんがそれぞれコメントを投げていて、生配信ではそれがリアルタイムで見られるのも楽しみの一つ。

 

配信が進むにつれじわじわと二人の関係が明らかになっていく(というか作られていく)のがとても良いポイント。

 

 

あとは調べてもらえたら続々と情報が出てくるのですが、私なりの、おすすめポイントを上げていこうと思います。

 

①バーチャルジャニーズという完全性

ジャニーズを冠しており、中の人も明らかになっていますが、あくまでジャニーズとは全く別世界にいる高校生二人。

いちごちゃんは結構固有名詞をバンバン出すタイプ(それでもジャニーズの名前や曲名などを出すことは片手で数えられるくらい)ですが、飛鳥くんはさすがの徹底ぶり。ジャニーズの名前は出したことないと記憶しています。

(でも飛鳥くん、関東第一高校出身のオコエ瑠偉選手や、ケンブリッジ飛鳥選手など、アスリートや野球のことは意外と固有名詞出しがち)

後から触れる設定含め、新しいキャラクターとして作り上げるファンタジーの世界が魅力。

 

今の世界を生きてるので、先述したように、ふつうに固有名詞は出てきます。

いちごちゃんはHYさんの366日を好きだと言ってますし、歌企画ではaikoさん歌ったりしてます。

飛鳥くんは固有名詞なかなか出さないので、「ミトコンドリアの日常」っていう謎の本を愛読してることになってます。固有名詞には極力触れないジャニーズで生まれ育った丈くんらしさが出てる…。

 

 

②作り込まれた完璧な設定

完璧とは言いましたが、「隙がない」というよりも「ファンにとってめちゃくちゃ嬉しい」という意味合いが強いと解釈してください。

高校2年生の苺谷星空くんと、高校1年生の海堂飛鳥くんが、二人暮らしをしながら高校生活にレッスンにバイトに奮闘している、という設定。

勉強はイマイチで時間配分が苦手、そそっかしいところはあるものの、歌が得意でスポーツ万能、人望も厚く、クラスやバイト先、飛鳥くんのバイト先までと人脈が広いいちごちゃん。二人暮らしでは家事全般をこなし、飛鳥くんのお弁当も作ってあげているという年上黒髪の男の子です。

 

容姿端麗でイケボで成績はオール5、いちごちゃんに勉強を教えたり、配信も時間ぴったりの優等生でモテモテの飛鳥くん。でも実は朝が苦手でいちごちゃんに起こしてもらったり、なんとも言えない味わいの絵を描いたり、いいかっこしいだけど実はちょっとおばかなのでは…?という言動が配信の端々に見えるのがかわいい年下金髪の男の子です。

 

この設定のすごいところは、リアルの年齢差と逆転している点にあると思います。

丈くんが23歳、大橋くんが21歳。

芸歴も丈くんの方が長く、丈橋としては常に丈くんがイニシアチブを握るような関係性ですが、あすかなになるとそれが絶妙なバランスで逆転します。

「星空は年上なんだからしっかりしてくれ」という飛鳥くんと、「飛鳥はかわいいなあ」ないちごちゃん。

当初はしっかり者の飛鳥くんが上の関係性で丈橋とリンクしていたのですが、配信が進むにつれて、飛鳥くんの抜けている部分が見え始めたり、いちごちゃんのしっかりした部分が出てくることで、年上のいちごちゃんの立場がぐぐっと上がってきた気がします。

リアルとの乖離が逆にリアルにも影響を与えて、前にも増して丈橋の距離が近いようにも感じます。

 

関係性を表すエピソードで言うと、ふたりで遊びにいったときに飛鳥くんが描いた特技の絵を、「飛鳥の部屋から勝手に持ってきた」といちごちゃんが勝手に披露したり(その絵がかなり衝撃的な仕上がり。丈くんが色濃く現れてるのがまた最高)、「英語ができるから飛鳥Englishとしてツイッターで披露してる」と飛鳥くんが豪語した直後に「実はツイッターに載せる前に辞書で調べてる」といちごちゃんが暴露したり。

 

配信に慣れ始めた二人だからこそ出せる空気感と設定がめちゃくちゃいい。どこまでが作られた設定で、どこまでが二人の思いつきなのか、境目が全くわからないので二人とも本当にスキルが高いんだと思います。

 

(スキルの高さ繋がりでこれは余談ですが、なかなか配信が始まらなかったり止まってしまったりの配信トラブルが起きた時、ふたりのフォロースキルがかなり高いのも本当にびっくりしたところ。起きないに越したことはないけど、そういったイレギュラー時の対応も楽しみの一つだったりします。)

 

 

③リアルとバーチャルのリンク

上記に挙げた設定はあるものの、実際のキャラクターを反映させたり活かした企画もあります。

大橋くんの歌声を活かした歌企画や、丈くんのイケボを活かした言って欲しいセリフ、絵の下手さを活かしたお絵かき企画などなど、、、

あくまであすかなとして、だけど丈橋のスキルを堪能できる最高の企画ばかりです。

 

また、一番大きいのは、「デビューを目指す二人」というところでリアルとリンクしているところ。丈橋のファンたちがほっとけないのはそこが大きいかなと思います。

お互いがお互いを必要としていて、手を取り合い、ファンの声援を背中にデビューに向かう姿は、バーチャルとはいえグッとくるものがありますし、実際にデビューを目指す二人から出る言葉には、設定を作り上げるだけでは出せない重みと強さがあると思ってます。

 

 

④ジャニーズ初、ツイッター戦略

ジャニーズ初のバーチャルアイドル、そしてジャニーズ初のツイッター発信。東京Jr.がやっているYouTubeにも参入と、SNSを駆使した戦略が新しい試み。

1日1〜2回、二人がそれぞれ持つアカウントから日常の出来事を発信しています。

開始当初からバーチャルジャニーズとしてのアカウントがあり、情報発信をしたり、公式にハッシュタグを使ってイラストや企画案を募集したりと、これまで使ってこなかったSNSという手段をフル活用。

個人アカウントがそれぞれ開設されてから、ファンへのリプ等はないものの、ファンからのリプをチェックしたり、リプに配信で答えたり、配信後にコメントをツイートしたり、より相互コミュニケーションの色が濃くなったと思います。

 

ジャニーズといえば、元来ファンとタレントが完全隔離された特殊な事務所だったので、SHOWROOMツイッターで相互にコミュニケーションが取れるのは新しいと思います。

とはいえバーチャルだからこそ許容されたりうまくいってる部分も大いにあるので、タレント本人のSNS参入にはこれまで通り慎重になってほしいと願ってます。

(5/16に山Pが公式Instagramを開設したことにかなりびっくりしましたが…!!!)

 

 

⑤いまからでも間に合う!

これまでお伝えしたあすかなの良さをギュギュッとまとめたのがYouTubeに上がっています。

 

バーチャルジャニーズ 海堂飛鳥・苺谷星空 SHOWROOM生配信スタート! - YouTube

 

こちらが配信開始前一番はじめにあげられた紹介動画です。

このアカウントに、

あすかなまとめ:配信をショートバージョンにまとめたシリーズ(⇦これまでの配信をギュギュッと見たい方はこちら!)

あすかなトーク:YouTubeのために新録された二人のトークシリーズ(⇦ふたりの関係性が知りたい方はこちら!)

と、何回分かのみですがフルバージョンの配信があげられてます。

 

ぜひ!ぜひ!気になる方は公式YouTubeから!ツイッターにもたくさんあがってますが!公式YouTubeから!!再生回数を!伸ばしましょう!!!

 

 

百聞は一見にしかず。

ちょっとでも気になった方はYouTubeツイッター、そして配信を覗いてみてください!

ハマる人はハマる!と思うので!!!ぜひ!!!

 

*だいぶ前に書いて下書きに残っていたのですが、本日6/3の配信にてあすかなとしての楽曲制作が発表となりました!

今後どのように展開していくのか未知数ですが、、、要注目!!!

リューン〜風の魔法と滅びの剣〜を見た感想をネタバレせずに書き記す。

リューン再演、おめでとうございます!!!!!!

 

本日見て参ったので、ネタバレなしで思ったことをぶわーっとします。※公式に触れられていたり公になっている部分はちょこっと触れます。

(がっつり本編に触れた備忘録を書いてたんだけどかなりのボリュームで書き上げることができなかったのでとりいそぎ感想をば。)

 

かなり見応えがあって素晴らしいミュージカルだったのですが、こんなに疲れた舞台は初めて!っていうくらい観劇後にドッと疲れました。

うまく言葉にできないのがもどかしいのだけど、「つらい、もう見たくない」とすら思うくらいの迫真の演技。もちろん機会があれば何回でも見たいくらい素晴らしかったのだけど、ううっ…と思ってしまうくらい自分には重くのしかかる場面が多かったなと思います。

それというのも、かなり重めでめまぐるしいストーリー展開、W主演の丈くん、大橋くんが身を削るような役柄だったためだと思われます。

もともと感情移入しがちオタクなので、ぐぐぐっと引き込まれすぎてのことだと思うのですが、それにしても丈橋のふたりは演じていて大丈夫なのか?と心配になるくらい迫真の演技でした。

 

(語弊を生まぬよう何度も申し上げますが、素晴らしい舞台だったことは確かです。名だたる名俳優・名スタッフの方々が名を連ねる、完成度は言わずもがな、です。)

 

<丈くんに思うこと>

実直で正直、どこか少し自信なさげ。ダイとの強い絆を感じさせるフローを演じた丈くん。

舞台映えするはっきりとしたダンスと動き、持ち前のイケボと大きな目、まっすぐな歌声にグッと引き込まれました。

歴の長さを感じさせる、努力の人。という印象を改めて強く受けたような気がします。

ダイに対するフローのまっすぐな想いを見ていると苦しくて、途中何度も目を覆いたくなるくらいでした。

フローに傾倒しすぎて観劇中めちゃくちゃつらかった・・・。

 

<大橋くんに思うこと>

大橋くんおそるべし・・・。

歌声に期待してわくわくしていたのですが、それを凌駕する演技・表現力の素晴らしさ。

滅びの剣に翻弄される、いわゆる悪役のような役どころなのですが、普段あれだけ天真爛漫な大橋くんと同一人物とは思えないような表情の数々。

ハイトーンの歌声と、ハスキーな台詞回し、笑顔と苦悩の表情、明るい声と暗く恐ろしい雰囲気・・・。あらゆる表情を見せてくれた大橋くんの底知れぬ魅力を再発見することとなりました。

これからもちろん明るい役どころもどんどん見ていきたいですが、神ちゃんが演じたオセローのイアーゴーのような完全悪役も絶対ハマる!見てみたい!と思いました。

 

以前は舞台全体とストーリーを追いかけていたのですが、大人になってからは、登場人物にフォーカスを当てるような舞台の観劇スタイルに変わって、より舞台を楽しめるようになったと個人的に思っています。

自分の出番ではないときのその人の動きや表情にも、当たり前だけど血が通っていることがわかるようになったのですが、今回は特にそれが強く感じました。

 

ふたりの強さというか、信頼もそうだしスキルもメンタルも、きっと強くなければここまでの作品はできないんじゃないかなとすごくぐっときました。

各種リューン関連の雑誌では、丈橋尊い案件が多数見られますが、それだけじゃなくてリューンに対する想いだったりをしっかりじっくり読み込んでから観劇するとなおさらグッとくるものが多いのではないかなと思います。

 

いろいろな思いが渦巻きすぎてうまくまとめられないし、あまりに殴り書きするものだから無礼を働いているのではないかと疑うような感想になってしまうな・・・。

 

丈くん、大橋くん、リューンカンパニーのみなさんが、千穐楽まで怪我なく無事駆け抜けられますよう祈りつつ、感想を閉じたいと思います。かしこ。

20190525 IsLAND Festival備忘録

雪白の月 大橋くん歌い出し大勝利

6人選抜で大橋くんとなべしょがメイン。(外周に3・3にわかれるんだけど、真ん中が大橋くんとなべしょ)

雪白の月の白い衣装と明るめの茶髪が似合ってたよーーー向こう側の花道だったからあんまり見れなかったけどモニター映ってるソロの時めちゃくちゃよかった😭

映ってないときなべしょときょへくんみちゃったごめんね

 

みちラウの青春アミーゴ、美の暴力すぎてやばかった

足上げるところでラウールの脚長すぎてもはやみんな笑ってた

ラウール黒 みちぇ赤の衣装。かっこよ!!!!そのままtorn出来るのでは…!?

 

その他選抜みたいに見えた丈くんのシャッフル。

宮近くんとのWセンター!ソロパートほとんどなしのダンス曲だったけど、ダンス綺麗だったよ…!白地に黒ラインのジャケットだったっけな…

→生配信見てわかったけど、これ完全にダンス選抜…というか丈くんセンター選抜って感じだった。

 

MCなにわから。

一人ずつ自己紹介。この辺記憶ない

おしりたべすぎてって言った大橋くんは一生忘れないよ…!

どーもー!おしりたべすぎてー!あ!ちゃうわ!カットカット!(「カットできひんやろ!」)

後ろに観覧きててそれみてたから自己紹介あんまり覚えてない…やっちまったな…

 

なにわ なにわすの すの すのとら とら とらコーナー

なにわすのの時間で、なにわこーじ絡み多くて最高だった

自己紹介からの丈くんの芸歴が長いって話で、「そやねん聞いて!おれ今日いるメンバーの中で一番芸歴長いねん!」「「ごちそうさまでーす!」」「いやいや!おかしいやろ!年上はSnow Manだし…」Snow Man呼んで出てくる

ふっかと丈くんいちゃいちゃ 丈くん「なんやねん!」語気強め

「これな、毎日やってんねん」

ふか「こーじなんか言いたいんでしょ?」

こじ「なーんかここ大阪の匂いすんなあ…たこ焼き食べすぎやねん」

「たこ焼き食べすぎただけで匂いせえへんわ!」

ゆっくり会場を手でなぞる「………すいませんでした!」

丈「でもな、こーじなにわが入ってきたとき、「ひさしぶりやな!ひさしぶりやな!」って!(低姿勢のすしざんまいみたいなポーズ)」

こじ「裏側言わんといて!なあ!」

「さっきもみっちーみっちーって」こじみち肩組む

「「わ!ラウール!ラウール!」」

ラウ「こーじくん…お幸せにね」

こじ「ええー!」でもみっちー離さない

 

すのだけMC

ほぼほぼ告知

こじ白い巨塔の好きなシーン

ラウ「あれ好き。"おれ送ってくわ"」

さく「あれ好き。登場シーンで(シャッターガラガラ、手ぱんぱんはたくジェスチャー)どんだけはたくんだよ!どんだけ手汚いんだよ!って」

こじ「いやいや、それセリフちゃいますやん!でもメンバーが見てくれてるのも嬉しいですね!」

ふかあべ「うん見てるー(棒読み)(拾われない"見てないよ"ボケ)」

からのふっか顔大きいいじり

さいたまスーパーアリーナちっちゃくない?「おれの顔がでかいからや!」

舘「今度ふっかの顔でコンサートやろうよ」

いわ「ここ(鼻)がメインステージで、ここ(輪郭)トロッコ…!」すごいたのしそう

 

We are 男の子初めて聴いたんだけどめちゃくちゃなにわじゃない?

メンステでメンカラのボンボンもってチアっぽく踊るの

大橋くんきゅるきゅるなんだけど丈くんゴリゴリ男

おれんちのみちぇ、めちゃくちゃかっこいい

 

 

ジャニーズメドレー 

仮面舞踏会 いわふかラウ→Snow Man

世界に一つだけの花 そのままSnow Man

ラブユーオンリー トロッコなにわ

ミュージックフォーザピーポー とらじゃ(暗い花道で見てるなにわかわいい)

硝子の少年なにわ×トラジャ

丈くん×まつく!センステ上だったから見やすかった!(奥に大橋くん×うみんちゅ)

時々ニコニコしながら目を合わせて踊ってるのピースフルワールド。

終わりのポーズで丈くんが背伸びして、まつくも背伸びして。って、かわいいかよ!!!

嵐 ハピネス流れたところで運動会

バクステ司会ふかこじ

メンステすの、横とらなにわだったんだけど、なにわ側で大勝利

メンステ側から、大橋長尾丈で並んでたんだけど、長尾丈が「よっしゃー!」とか、床蹴って「ちっくしょー!」とかしてたのかわいかった

大橋くんはニコニコしながら手振ったり応援してー!がんばれー!みたいなジェスチャー。時々長尾丈見て一緒によっしゃーってしてた

1回戦はみちぇ。ごっつぁん1位

2回戦りゅちぇ〜〜!まつくのカメラ目線の流れで「大西は得意ですからね」みたいなこーじくんのふりがあり、カメラ目線して照れるりゅちぇかわいい〜〜!あべちゃん無理して「あべくんはそういうキャラじゃない!」ってこーじくん。

さらっとあべちゃんがとって、まつくとりゅちぇが競ってたんだけど、途中取りやすそうな低いやつを二人で狙う小競り合い。そしてふつうに抜かされて、りゅちぇ一人でぴょんぴょん。めちゃくちゃかわいい。そして諦めてかっこよく手でとって高校生がカバン持つみたいに担いでゴール。

3回戦の選抜が丈くん。さっきの流れでかわいいしめちゃんのカメラ目線の後に、カメラ覗き込んでがっつりお笑いぶち込む丈くん。舘様はお得意のロイヤル。

舘様死ぬほど早かったんだけどなんなんだろうあれ。まじ瞬殺だった。ロイヤルに1位ゴール。

しめちゃんにおんぶしてもらってとって、抱っこしてとらせてあげて、一緒に走ろうや!のアイコンタクトのあと、抜け駆けして走り出したのにしめちゃん足早くて抜かされるの丈くんっぽすぎる。

3位で終わった後、「スタート前のカメラ目線できゃー!なったからなあ。いやいや、あれ休日のおっさんのセクシーポーズやから」って芸歴の長さ感じる安定感。

すの80、とらなにわ50で同点、代表じゃんけんで大橋くん見事にチョキで負けてかわいい(1回目の掛け声でタイ語のじゃんけんしかけたこーじくん欲しがり)

Snow Manが勝って、夢物語をセンターステージで歌う権利ゲット

チャンカパーナ 花道全員

丈みちぇなががはけてって、???ってなって、他4人で無責任歌ってずんずんずん!みたいな感じでノリノリに前に出る大橋くん。大吾くんが突っ込んで、あれ?3人いない!ってなる

メンステ上に3人登場、若林くんと東條くん。丈くん扮するのぶお。前髪で目が隠れないと右目つらそう…😭

丈「さいたま新都心でロケしててん!」

西「どこやねんそこ!」

丈「そこの最寄りや!」

西「古田新太さん全然ちゃいますよね?丈くんですよね?」

丈「いやいやいや!主演主演!(写り)こんなもんや!テレビってこんなもんやで(ドヤ顔)」

年長二人めっちゃ頑張るー!そしてしれっと誰かブサイクっていった…丈「ブサイクちゃうわ!」

丈くんでしょ!ってカツラとる、イケメンサラサラ丈くん登場。

丈くんが「これが男のキング、キングオブ男や!」みたいなわけわからんこといってキングオブ男。

リアフェ#2 Snow Man

ウィークエンダー トラジャ センター花道

キスウマイ なにわ

頭重ねる本家のやつ!そして丈橋!大橋くんの上に丈くん😭😭😭

ちゅっちゅっちゅー!れっつげりらー!

君にヒトメボレ ムーンライトウォーカー ええじゃないか 全員で花道

ええじゃないかはメンステでSnow Manがええじゃないかポーズ。

 

アンダルシア

トラジャ何人か暗いところから出てきて、歌い出しはラウール

そこからなにわは大吾くんだったかな、最初に出てて、どんどん増えてくパターン

ソロパートある人とない人あったんだけど、大橋くんあったよー!めちゃくちゃ渋くてよかった!!!丈くんはなかったけどよかった

丈橋立ち位置シンメだったから、最初のサビは大橋くん、次のサビは丈くんって感じでこっちにきた人ずっと見てるタイプ。

ジャケット脱いで、バサっとして、落として、口で拾うやつ、大橋くんめちゃくちゃスパニッシュでかっこよかった

丈くんはかちっかちっとしてて、THE ジャニーズ!って感じしたなー。大橋くんは上手くて、丈くんは舞台映えする、って感じ。

 

 

アンコール、それぞれのTシャツ着て花道

KeepON?の曲フリ大橋くん…😭「アンコールありがとう!みんなのアンコールの声でもう一曲やりたくなったよー!次はこれ!きーぷおおーーーーん!」ってイントロかぶり気味でおっきい声でいえたねえ😊

最後花道歩いてるとき丈橋………ありがとうございます

なにわ担探しては自分のTシャツ掴んで、「Tシャツは???」ってジェスチャーする丈くんかわゆー😭

いっしょに探す大橋くん。隣でリズムにのる大橋くん。突然の供給で何してたか忘れたけどその瞬間丈橋が同じところに立ってたという事実だけを覚えておこうと思う。

メンステ横の柵から横のお客さんにむかってもTシャツ探してて、身を乗り出す丈くんのあとに、同じ柵から手をブンブン振り回す大橋くんかわゆーーーー

 

 

[どの曲かわからない備忘録]

さっくんと大橋くんがハイタッチしててかわいい〜〜ってなった

割と序盤、丈くんとうみんちゅが楽しそうにしててママ泣いた(序盤のSHAKEだった!)

 

大橋くん序盤めちゃくちゃあつそうで、どんどん顔が真っ赤に、汗ダクダクになって、アンパンマンかと思った

 

 

 

 

Aぇ!groupに歌ってほしい関ジャニ∞の名曲5選

Aぇ!groupが結成、初単独を終えてからもっぱらメロメロな関西ジャニーズオタです。

 

「自分たちが作った曲でデビューしたい」という佐野くんの言葉にZUDON!と撃ち抜かれたeighterの私が、勝手に選曲した「Aぇ!groupに歌ってほしい関ジャニ∞の名曲5選」を勝手に選曲しました。

 

①Tokyoholic

これは完全に歌ってほしい!デビューして5年後くらいに東京で仕事が増えてきたくらいで歌ってくれるのがベスト。本家関ジャニのリリースのタイミングが最高ですよね・・・。大阪魂を内に秘めつつ東京への羨望を歌わせたら世界一の関ジャニ∞に続け!

めちゃくちゃ悩んだし固まってないけど、歌ってほしい歌割りはこちら。

 

I’m so damn hangry〜 渋谷→末澤 ※赤いメインボーカルだからってだけ。末澤くんから始まるっていうのがかなりよきすぎる。

Why are you so mean to me?〜 安田→正門 ※見失うわ~!を正門くんの渋い声で聞きたい!シャウトしてくれー!

アイムソーダムハングリー~ 村上→佐野 ※特に意味はない。佐野くん上手だからどこにいれても上手になっちゃうからあえてカタカナ英語を頑張ってほしい。

Why are you so mean to me?〜 錦戸→大晴 ※必死なんじゃ~!の大晴くん最高じゃない?(歌ってなけど脳内再生で最高認定した)

もうアカンわ〜 丸山→小島 ※なんかぼやいてほしい。とにかくなんかその場でぼやいてほしい。

人により程度は~ 大倉→リチャード ※低音ボイスでぐっと締めてほしい!

 

末澤くんには絶対タンバリンしながらメインボーカルしてほしい〜〜!!!叩くときの手袋してほしい。

 

 

②Traffic

錦戸さんの作る歌がかっこいいという結論に至りそうな2曲を選んでしまいました…。

これもイントロのギターがとにかくかっこいい!錦戸さんの作る曲、ギターが効いててめちゃくちゃかっこいい…。

アイドルらしからぬカッコいいロックなんだけど、バンドでは出せないアイドル特有の遊び心と色気のある歌詞とサウンドは、錦戸さんだからこそ出せるものだろうなと完全にメロメロです。

firebirdや神様のバカヤローを聞いて、Aぇ!groupはこういう曲がクールな曲が似合うなと思いました。

 

「時々見えるお城みたいなホテル〜」は、ぜっっっったいに末澤くん。最年長の色気ダダ漏れでぜひお願いします。間違っても純真な最年少佐野くんには歌わせないで!ってモンペオタクが出ちゃう。

「目が醒めるような美人なお姉さん〜」は正門くん。正門くんの口から美人なお姉さんっていうワードを聞きたい。考えただけで最高ですね。

 

 

③ミセテクレ

Trafficに続き、クールな曲が似合う選抜。

「ミセテクレー!」のシャウトは末澤くん。脳内再生余裕な超ハマり役。

この曲の時期の渋谷さん、声が若くて高音がすごく綺麗なのですが、末澤くんにめちゃくちゃ合うと思います。

ラップパートはぜひリチャくんに。

「表のエンジェル〜」の山田の甘い高音ボイスのラップとは対照的にリチャくんの重みのある低音ボイスだったらまた違った良さが出ると思います。最高。

 

④夕闇トレイン

JUKEBOXでのドラムソロからイントロに移るあの会場の空気感、エモい!

始まりの譜割が細かいのにBメロでスローになってPPPH、サビでどんどん音が上がっていくのが、タイトル通り夕闇を走るトレインの疾走感。早いだけじゃなく、夕闇のちょっとした減速感もあるし、電子音が非現実的なSF感も出してる。トレインが空飛びそうな。

(ここまで専門知識ゼロの人間がそれっぽい言葉でお伝えしてます)

間奏のギターソロ、正門くんで見たくないですか!?私はとっても見たいです。

ラストの「まだ恋している〜まだ恋している〜」はぜっっっったいに末澤くんでお願いします。

 

⑤NOROSHI

定番すぎて入れるの悔しいんですけど、これはやっぱりやってほしい!!!

なんといってもベースのスラップ!いつか!いつか!大晴くんにはこれを!!

世渡り上手いね、メンズ?の後の「ハッ!」はこじけんでお願いします。 

2番やるとしたら「あら控えめなのね、ガールズ?」は、末澤くんぜひいってもらいたい…。流し目で…。

音楽的なことわからないんですけど、横山さんのトランペットをリチャくんのサックスに置き換えたらこれお洒落なNOROSHIになるんじゃないかしら…と思っています。(ほんとにできるのか?教えて詳しい人〜!)

NOROSHIの和装、衣装史上5本の指に入るくらい大好きなんですけど、そこはオマージュじゃなくAぇ!groupらしさも出してほしいので、あえてガッツリスーツで披露してほしい。和装のヤクザではなくスーツのマフィアっていう感じでぜひ…。

 

<番外編>

Aぇ!group結成前から正門くん、小島くんが幾度となく披露してきた「象」

本家関ジャニ∞のももちろんだけど、高橋優くんverも大好きで、作ってくれた優くんに頭が上がらないので金一封贈呈したい気持ちが沸き起こってくる。

マイナー調のロックテイストだけどバイタリティーに溢れる歌詞で、トップアイドルのこれまでの苦労と道筋を思い出すように関ジャニ∞が歌うのも好きだし、未来に溢れる関ジュが歌うのも完全にエモい。「10年後またここで会おうよ」が、関ジャニ∞と関ジュではまた違う意味を持つような気もするよね・・・。

イントロの「だっだーだだっ だーだだだだだだだ」で正門くんのギターの手元が映されるところと、正門くんの「そう今でも」担なので、Aぇ!groupとしても披露してほしい!

 

<番外編Ⅱ>

Black of night

バンドではないけど、衣装のお下がり繋がりで踊ってほしいところ。あの衣装と世界観、安田さんってやっぱり天才なのでは・・・!?

Aぇ!groupならまた違ったいい世界観で表現してくれる気がする。

華麗でしなやかな末澤くんとミュージカルで鍛えた佐野くんにWセンターを任せたい。

 

バナナジュース

頼む・・・リチャくんにやってほしいんじゃ・・・。カラーサングラスと横山さんが着ていたイエローのスーツ。サックスで決めてほしい!これで末澤くんがトランペットとか習得しちゃったらやばいな…。え?やばくない?(想像して興奮の火に油が注がれた)

 

<番外編Ⅲ>

惜しくも5選から落ちた名曲。

 

勝手に仕上がれ

迷った。KANJANIEIGHT!ていっちゃってるから・・・。でも、にーにににーに!へい!へい!おわんないでTonight!”おーおーおー!”ってやりたい。

 

ドヤ顔人生

これも大好き!TOKIO長瀬さん提供曲。サビがもろTOKIO

末澤くんがブルースハープを習得しちゃったらマジヤバだなと思いながら聞いてました。(末澤くんに楽器させたがり)

城島くんに憧れてる正門くん、TOKIOつながりでカバー発案してくれないかなあ…。

 

ローリングコースター

大大大ド定番の名曲。もちろんやってほしいんだけど、Aぇ!groupならではの部分を出してもらうとしたら…と考えると明るいポップな曲よりクールな曲をやってほしい!惜しくも5選落ち。

 

レスキューレスキュー

大倉パートの「必ず守るよ~」を誰にするか迷う。こじけんとかだったらやばいね。最高だね。

JUKEBOXでみんながムビステでヘドバンしてたのがすごくたのしそうで印象的なんですが、メインボーカルの末澤くんにはぜひゴリゴリにヘドバンしてほしい。

 

…って、ここまで考えて5選落ちとはどういうことでしょうか?

Do you agree?とか言ったじゃないか、宇宙に行ったライオンもめちゃくちゃはちゃめちゃにやってほしいんです…。選べない…。

5選ではなく15選くらいになってしまいました。反省。

 

渋谷さんの声が…となるのでしばらく関ジャニ∞の曲を聴いていなかったんですが、このブログを書くにあたり、久々の久々に関ジャニ∞の曲を聴きました。

今回はバンドを中心に振り返ってたんですが、バンドを売りに出来る、しかもカッコいいっていうのはどれほどの武器なのかっていうのを改めて思いました。

関ジュを追い始めてから歌って踊るキラキラのジャニーズを見ることが増えたので、新鮮な気持ちになりました。

いい意味でジャニーズらしくない、男臭くて音楽性に富んだバラエティ豊かなお兄ちゃんたちに、これまでどれだけ夢中になって、どれだけ救われてきたことか。めちゃくちゃ偉大。

 

Aぇ!groupには、個性とバンドを武器にして、関ジャニ∞に追いつけ追い越せで頑張ってほしい!

そして本当に自分たちで作った曲でデビューしてほしい!

がんばれ!Aぇ!group!応援してるぞー!

 

おしまい。

関西の沼は深く広い(Aぇ!group編)

 

Aぇ!group単独、FC全滅し、電話抽選も全全滅。

もうこうなったら仏のような心で無事千秋楽を迎えられるよう祈るしかないと思っていました。

 

………とそこで一本のISLAND TV動画の更新。

6人の神妙な面持ちで始まったその動画は、追加公演の嬉しいお知らせとサルのおもちゃのようにテンションの上がった末澤くんの姿がありました。(お知らせ直前で大晴くんがニヤッとしたのを見逃してないからな、可愛い奴め)

 

FCでの追加応募なし、一般での一発勝負とのこと、運命の日にありがたくチケットを手にすることができました。

 

何をするか全くわからない、そもそも出来立てのグループで全貌が見えてこない、初めてがっつり末澤くんを見る、などなど、わからない、初めてづくしで、こんな感情オタクになって久々で気持ちが高ぶり、約二週間、公演の日を待ち望んで仕事に臨み今日を迎えた次第です。

 

そしてついに、Aぇ!group単独を観に行ってきました〜!!!

 

ネタバレは極力自分の心と手帳に書き記したのですが、良さを伝えるためにネタバレが含まれるかもしれません。

とにかく感じたことをぶわーしていきます。

 

末澤誠也くんがあまりにも…(語彙力を失う)

わかりきってたことなんですが、末澤くんかっこよすぎやしませんか?

と、同時にいじられ愛しの最年長感がすごい。

お兄ちゃんでちっちゃくて、メンカラが赤、おまけにイニシャルはS.S、、、あれ?どっかで聞いたことがあるな…と思ったんですがそれは余談として、かっこいいと可愛いが毎秒押し寄せてくるので末澤くんから目が離せなかった…。

一つ本日の萌えポイントを申し上げると、ちょっと汗ばんで各々汗を拭いてる場面があったんですけど、末澤くん、持ってたティッシュを折りたたんだり広げたり、裏表ひっくり返したと思ったら丁寧に横に2つ折り縦に3つ折りにしてそっと汗をぬぐってて、落ち着いてるように見えてそわそわしてるんだろうなあと思いました。

歌も想像してたよりはるかに安定してて高音が綺麗で、ダンスはすっごく華麗で素敵でした。

オーラが違う、魅せ方をわかってらっしゃるんだろうなあ…とまんまと魅了されました。

 

・草間リチャード敬太くん、圧倒的にギャップの人

見た目に反して英語が喋れないとか、そういうギャップももちろんなんですけど、それ以上に、「ひょうきんなハーフだと思ってたけど、実は冷静で割とツッコむしボケもシュール」っていうギャップがめちゃくちゃありました。

グループの目印担当はもちろんのこと、道しるべとなるのはリチャードくんなんだろうな…!

あと、これは個人の意見なんですが、ハーフの方って太くて厚い声出ますよね。リチャードくん、歌い方に重厚感があって末澤くんとの対比が最高でした。

 

・正門良規くん、パパみがすごい

この舞台、何がすごいって正門くんの良さが120%出てたこと!!!!

正門くん、自分から笑いを取りに行くタイプじゃないけど、だからこそAぇ!groupには必要でしょ!ってめちゃくちゃ思いました。

みんながボケる中での軌道修正の軸となるのもそうだし、誰か一人がいじられるときの微笑み(だけじゃなく時に爆笑)とツッコミが優しくて…。見守ってくれる正門くんが一人いるだけで、かなりピースフルワールドになるのが素晴らしい。

あと、正門くんの渋い歌声がめちゃくちゃ好きです。

 

・小島健くんがぶっ飛んでる

ツイッターのまとめなどを読んだり各媒体チェックしてある程度心構えしてったんですが、はるかに上回る不思議具合でした…。コジケンワールド。

急にめちゃくちゃスイッチ入ったり、年上の人にも物怖じせずナチュラル失礼な正直発言したり、目まぐるしい人だな………と思いました。めちゃくちゃ好きです。

これはどうしてもネタバレなんですけど、

新大阪から稽古のために東京にきて、新幹線降り立って最初の言葉が「時差きっつ」

っていう小島名言、天才かと思ったんですけどどうですか?私は好きです。お腹抱えて笑いました。

 

・福本大晴くん、優しく見守っちゃう

インテリギャガー大晴くん…!!!!

たぶん、大晴くん勉強ができて頭がいいので、めちゃくちゃ考えてめちゃくちゃ準備してバリバリ緊張して本番迎えるタイプだと思うんですけど、良さ出てたよー!!!(誰目線)

めちゃくちゃ突っかかるキャラ?っぽかったんだけど、うんうんわかるよ…😌みたいな菩薩の目で見ちゃう。あとシンプルに顔が可愛い。

末澤くんとは違ういじられで、ギャグはもういいよ!ってなるくだりがあったんですけど、しょぼんとなってるところ含めて可愛いワンパッケージでした。

あと、今日やってたギャグが死ぬほど面白かったのでいつかどこかでまた出会えることを楽しみにしてます。

 

・佐野昌哉くん、Aぇ!groupのダークホース

ほんっとうにびっくりした佐野くん。

全員先輩全員年上な環境でも、物怖じせずほど良きところでつっこんだりいじったり、それが舞台にいいアクセントを加えてて、弱冠17歳末恐ろしいな…と思いました。

舞台見て一番見る目変わったの佐野くんかもしれません。才能の塊。

スタイルがいいから立ち姿も綺麗だし、舞台慣れしてるのがすごくよくわかる。もちろん歌も上手い。

 

[総評]Aぇ!groupが抜け出せない沼だった。

6人のバランスがとにかく良い!

最新グループだし、言ってしまえば個性を集めたみたいなメンバーだったし、結成まで関わりがないメンバーもちらほら、な彼らだったから、どうなるんだろう…?と思ってたんだけど、一人が目立ちすぎたり、逆に全く出なかったりが一切なくて、「適材適所」って感じのグループだなっていうのがめちゃくちゃわかる舞台でした。

(プロデュースした横山さんはたぶん天才)

 

松竹座でお披露目があったにしても初の単独、グループの名刺代わりの舞台としては満点突破の6億点だと思います。

(あと、シンプルにフライヤーが可愛すぎる。)

すごく好きだし楽しかったし、終わってからしばらくは「面白かったなあ」って思い出したようにボソッとつぶやいてました。

 

ドドド新規の末澤推し、Aぇ!group推し、これから全力で応援していこうと思います。

 

1年後の私に向けて

 

ありがとう - 関ジャニ∞と歳をとる。

 

このブログを書いてから、早いものでちょうど1年経ちました。

ファンクラブからメールが来て、会見が始まって、そんなことつゆ知らず仕事してた私は仕事合間の休憩で初めて知って、雷に打たれたような衝撃と胸に穴が空いたような消失感でボロボロ泣いて、でもいつも通り仕事をして、仕事終わりに「今」を聴きながら夜道を泣きながら歩いて、嗚咽するほど泣いて、このブログを書きました。

去年の今日、胸が痛くなるほど鮮明に覚えてる。

 

あれから1年、7人の関ジャニ∞の最後の関ジャムを迎え、あっという間に6人のツアー初日、初めての海外公演に、USJのクリスマスアンバサダー。

後輩育成にも力を入れて、関ジュやデビュー組の舞台をプロデュースしたり、月9の主演をしたり、主演舞台をしたり。

そして、渋谷さんがHPを開設して、元気な姿を見せてくれたのが1ヶ月半前。

 

激動。

こうして振り返ってみると、ものすごくあっという間だったなあと思います。

ブログってタイムカプセルみたいで、2018/4/15のブログを書いてから見返したことは一度もなかったけど、ちょうど1年後の今日見返して、不思議な気持ちになる。

ありがとうって書いたけど、全然ありがとうなんかじゃなくて、なんでなの、嘘だって言って、時間を巻き戻せたら、って何回も何回も思ったし、本当にしんどかった。

でもこうしていま、なんとか心の整理をつけて、毎日楽しく笑って過ごしてるから、意外と人生なんとかなるもんだなって思います。

 

1年後の自分は、関ジャニ∞と笑ってますか?

15祭を終えて、楽しくて嬉しくて素敵な気持ちと、これからの未来を思うワクワク感を抱いていますか?

そうだといいなあ…。

って思ってブログを書いています。

 

不穏な噂や不安な気持ちを拭えないまま、ツアーを迎えることになるいま、いろんなことがフラッシュバックして時々胸がギュッと苦しくなる。

でもなんとかなるんだろう。

1年後の自分、頼むから楽しく過ごしててくれー!

世界が輝いていますように。

 

 

 

言いたいことを言うブログ②

 

続いては、ハマった個人編で行こうかなと思います。

果たして書き上げることはできるでしょうか。(書き始めたものの仕上がらない途中の下書きブログが20記事くらいある)

 

大倉忠義さん(関ジャニ∞)

これはもうレジェンド。

私の人生を変えた人といっても過言ではないですね。

多感な思春期に好きになったので、勉強ノートやら筆箱のフタやら待ち受けやら携帯の送受信画面(懐かしすぎわろた)やら持ち物全てに、「たっちょん」という文字を死ぬほど書いてました。学生時代の憧れ。

緑が好きになったのも大倉さんのメンバーカラーの影響で、緑を探してたらいつのまにか緑が大好きになってて、持ち物洋服緑だらけ。

っていうのは置いといて、私が大倉さんを好きになった一番の決め手って、

「後ろでいつもむふふって笑ってる」

ところなんですね!!!!!!!

今の大倉さんも大好きで、もちろんもちろんなんですけど!

いまの豪快な笑い方が今となっては好きなんですけど!!!

懐古厨なので昔のこと言ってしまいますけど、昔は今ほど積極的じゃなくて、MCでもコントでも、一歩下がってむふふってしてるタイプだったんですけど、それが好きで好きで…

そこが好きになったので、一般の方に大倉担っていうと「あー二枚目の子ね」ってなると、そうです!そうなんですけど、でも違うんです!むふふってしてるのが好きなんです!って気持ちになります。でも間違いなく二枚目です。

あと体が大きくてクマみたいなところと、よく食べてすぐ太っちゃうところと、それなのにダンスがしなやかで女性らしいところと、下ハモばっかりだから関ジャニ∞の歌の主旋律歌えないところと、シティーボーイで岩茸取りとか野蛮なこととかできないところと、俯瞰で物を見られて、正直で真っ直ぐで、臆せず言葉にして伝えてくれるところが好きです。

 

好きなコンビ:くらまる

まるちゃんに強く当たるけどまるちゃんのことが大好きでギャグは全部笑っちゃうピースフルな関係性と、クマとパンダみたいな大きい二人がきゃっきゃしてるところがほんと平和で大好きです。あとまるちゃんの高音シュガーボイスと大倉さんの低音ボイスが大好きです。

 

②濵田崇裕さん(ジャニーズWEST)

目尻から溢れ出る優しさと、ポンコツ感の漂う言動、アクロバットと甘い歌声のギャップがとてつもない…!!!

大倉さんとはまっっっったく違うタイプ。

好みのタイプってこんなにも違うのか!と思うけど、後々探っていくとこちらが私の好みの主流で、大倉さんだけが異端だと知る。

大人になってから好きになったので、大倉さんを好きになった時のような憧れではなく、男性として好き…!!!ってなりました。今でも好き。

友達に紹介すると、「似てる人いそう」って言われるんですけどいたら今すぐ連れてこい即告白するからっていつも思ってます。そのくらいどタイプ。

あっさり塩顔(馬顔)で、身長が高くて細くて男性らしい筋肉質な体型と、(今は)冒険はしないタイプな硬派な髪型と、伸びやかな歌声と、誰からも愛される人柄と、人に依存しないところが好きです。

釣りとウィンタースポーツが趣味って、それもう男友達しか連想されないアイドルとして理想的な趣味〜!!って感じでいいですよね最高。

余談ですが、濵ちゃんのおかげで最近釣りYouTuberにハマっています。

 

好きなコンビ:はまこた

最近落ち着きつつあるはまこたですが、先述したくらまると似てるのが、「シュッとした年下が、ポンコツな年上をいじる」っていう関係性。…え!?よくない!?ってなりますね。

でも本当は大好きなのは年下の方で、愛が溢れちゃってるところがいいですよね。うん、最高。

 

藤原丈一郎くん(なにわ男子)

今一番ホットな自担。

関ジュのお笑い担当として芸人も真っ青な漫才・コントを作り上げるブレーンの丈くん。

面白さのベクトルが本気の方向にいってるのが好きですね。安定感があって、見てて安心する人が好きなので、そこがツボポイント。

濵ちゃんとは違う愛されキャラで、濵ちゃんが人類誰からも愛される人だとすると、丈くんは一度好きになられたら離さないタイプだと思ってます。

可愛がられたり、尊敬される天才だと思ってるので、濵ちゃんと重岡くんと3人で釣りいったエピソードとか聞いたらむふふってなって卒倒するくらい好き。

尊敬する先輩でずっと横山さんをあげていて、最近どんどん似てきたなって思うんですよね。完全に似てる。

それが、真似してるっていうよりリスペクトからくる似方で、お笑い面を支えたり、グループ最年長でゴリゴリ前に出てったり、先輩も臆せずいじってったり、一途な尊敬心がほんと好きですね。

あとは、歌とダンス。パフォーマンスは15年のジャニーズキャリアで培ったゴリゴリのジャニーズスキルなところが好きです。

シンメの大橋くんは、多分元々やってたダンスの影響か、キレッキレでほんとに上手なんです(大橋くん、静の動きが上手というか、止まり方が本当に上手で本当に上手な人なんだなと思ってます、語彙力のなさ)けど、丈くんは8歳からずっとジャニーズで下積みを重ねてきてるから、ダンスがジャニーズなんです。カッコつけ方とか、ぜんぶ、ジャニーズを凝縮した感じ。そこがまたすきー!!!!ってなるんですけどね。

あと、ISLAND TVの動画でちょっとぽよってしてた体型も好きです。愛しいだよ。(CV:道枝くん)

丈くんのことを好きと思ってる瞬間、たぶん4歳くらい若返ってる気がする。

 

好きなコンビ:丈橋

これが言いたいがためにブログ書いたといっても過言ではない。

こんなに尊いシンメがいたなんてなんで教えてくれなかったの!!!となりましたが、あすかな(詳しくはバーチャルジャニーズで検索!)が始まってから加速度的に愛と絆が深まったんだろうと思うので、然るべき時にハマったなと思います。ダブル主演したリューンとか、きっと絆が深まる時期やエピはもっとたくさんあったと思いますが大きな転換期の一つになにわ男子結成とバーチャルジャニーズがきっとあったと思うので、そんな時にハマれて幸せ最高潮。

歴が長くてお笑いセンス抜群で年上の丈くんと、ちょっとポンコツだけど歌とダンスのスキルが高い年下の大橋くん。

大橋くんの方が愛を表現することは多いけど、実際丈くんは口に出さないだけで大橋くんのことを尊敬してるんだろうなって思うことがあって、ツンデレかよ!!!!ってなりますね。

あとたぶん、人懐っこい大橋くんよりクールに見える丈くんの方が依存度は高いと思います。口に出さないタイプの人の方が実際は好きが大きかったりするんですよ、性格的にね、わかる。

飛鳥くん(CV:丈くん)曰く、「ツンデレではなく、ツンツンツンツン オールツンやから」らしいんですけど、そこも含めてツンデレー!ってなりますね。

知れば知るほどずぶずぶずぶ〜な感じなので留まることを知らない時の中でって感じです。

これからがたのしみ!!!!!!

 

末澤誠也くん(Aぇ!group)

新進気鋭のリア恋推し〜!!!!!

学校に末澤くんがいたとして、もしも私が永野芽郁ちゃんだったら好きになります。っていうタイプのリア恋。(謎の例え)

めちゃくちゃカッコよくてめちゃくちゃ好きなんですけど、今の私が好きになるにはおこがましいという気持ちが芽生える眩さがある。けど、ホスト感というか、源氏名「聖夜」感というか、ブスでも俺が夢みさせてやるよ感もありますよね。(ひどい言いよう)(末澤くんはそんなひどい人じゃない)

正直なところ末澤くんのことは目下勉強中なので、好きなところと言われたらとにかく顔しかないんですけど、タップダンスとの親和性抜群なしなやかなダンスと、口から飛び出る驚きの誠也様のメロきゅんセリフ、ちょっとハスキーなところと、あまり社交的じゃなくて丈くんとリチャくんにズブズブなところが好きです。

(お勉強中のため好きなコンビは無し。リチャ末を学んでいきたい。)

 

それぞれの好きのベクトルを表すとすると、

大倉さんが"憧れ"

濵ちゃんが"今の私が好き"

丈くんは"若い頃を思い出す好き"

末澤くんは"違う人生だったら好き"

 

いま目の前に現れたら真っ先に好きになるのは濵ちゃんで、学生時代に現れたら好きになるのは丈くん、自分が永野芽郁ちゃんだったら好きになるのは末澤くん(謎の例え②)、大倉さんは憧れなので目の前にいたら逃げます。

 

みんな違ってみんないい、って言葉がこれほどまでに骨身にしみることってあるんでしょうか、いや、ない。

同じ時代に生きて、同じ時を過ごして、推しの活動を生で見られるって奇跡だと思いませんか?

あと10年早かったら、10年遅かったら、今この私が推しを見られることはなかったんだなと思うと、奇跡に感動せざるを得ないですよね。本当すごい。

 

SnowManの推しは宮舘さんだし、ゆり組オタだし、こーじくんはファンサもらってから心の恋人だし、今江くんのちょっと猫背な姿勢とカエル顔とチャーミングな喋り方が大好きだし、正門くんのリアルな感じと渋い声と意外と西畑デレなところと、掘ったらポンコツ出てきそうなところが気になるし、推しはいくらいてもいい精神でとにかく全員を推してるんですけど、自担と呼びたいのは4人かなあと思いメインで語ってみました。(ここまで一息。必殺オタクの早口語り)

 

好きな人を好きなだけ語るってこんなにも楽しいものなんですね…!という再確認。

同じものを好きな人と話をして、「わかるー!!!!!!!×200000」っていう瞬間も大好きなのでオタクの友達と早く喋りたい。迷惑がられても構わず喋りたい…!!!

 

無事書き上げられた!

誰が見るんだ感がすごいこのブログは、後日私が改めて読みます。

おしまい。