関ジャニ∞と歳をとる。

関ジャニ∞が好きですが専門知識がないので感覚で書いてます。

俺節

 

6/15 俺節@赤坂ACTシアター

 

観てきました。

 

ボロボロ泣きました。

 

自分には歌しかない、と演歌歌手になるために上京してきたコージ

ギターだけを背負った夢半ばの、血の気が多いオキナワ

故郷の家族のために日本で働く、不法滞在の娼婦テレサ

 

真っ直ぐで、照れ屋で、熱くて、人のために生きるコージと、コージのために生きたいオキナワ、テレサ

 

そんなコージのサクセスストーリー

…というわけではなく、愚直で冴えない、だけど前を向けるようなコージの人生の物語。

 

結論からいうと、テレサとも添い遂げないし、コージは演歌歌手にもならない。

ハッピーエンドではないし、綺麗じゃない終わり方です。

 

関ジャニ∞の中では、なんでもできる器用なヤスくんだけど、舞台の上では紛れもなく海鹿耕治で。

舞台を見て、こんなに離れたくない、消えてほしくないと思ったキャラクターは初めてでした。

 

舞台が終われば、もうコージには会えないのだと、とても悲しくなりました。

それほどに、愛すべき人間だったと思います。

 

本当に安田さんにはコージが憑依してたし、彼のために作られた物語なのでは?と思うほど素晴らしかった。

 

歌声は普段の安田さんとはまた違う、暑苦しくて魂のこもったコージの歌声になっていて、クライマックスの、雨に打たれながら熱唱するシーンは、胸を打たれ、泣いてしまいました。

そして、カーテンコールでもボロ泣き。

前述したように、コージが消えてしまうのが悲しくて、舞台を見て、初めて、カーテンコールで泣きました。

 

今回流した涙は、物語の展開にというよりも、コージの歌によるものが大きくて、劇中に出てきた、

「歌は、聴く人に届き、頭の中で流れてはじめて歌になる」

っていうようなセリフそのままに、コージの歌が心に届いて、頭に流れて、感情が溢れてたのだと思います。

 

オキナワがコージのために作った歌が、コージへ向けたテレサのセリフとシンクロして、コージの歌う決心となったクライマックス。

形は違えど、オキナワも、テレサも、コージの歌に魅せられて、コージの人柄に惹かれて、コージの為にと思う気持ちがあったんだろうなと、コージにはそれほどの魅力が確かにあると感じました。

 

 

3時間半の舞台は、感じることが多すぎて、うまくまとめられませんでした。

ただ、コージの生き様を見て、私も、愚直に、熱く、大切な人と共に生きたいと感じました。

 

俺節

観れて本当に良かった。